DTMとはデスクトップミュージックの略です。これはパソコンを使って楽器のような音楽を作り出すことです。フリーソフトを使えば誰でも無料で始めることが可能で、実際にやっているひとにはいろいろなタイプの人がいます。よく楽器が演奏できたり、楽譜が読めたり、音楽的なセンスがないとできないのではないかと言われます。実際、音楽のプロが作成する楽曲も多いですし、音楽的な知識はあった方がたしかに良いです。しかし、それも今から始めて学んでいくことも十分可能です。音楽を作ってみたいけど、楽器を始めるのも楽器をもっていないし、家では演奏したら近所迷惑だし、仲間もいないしという人にはもってこいです。一人で黙々と音楽を研究するように作っていけるので、はまり込みます。

これからDTMを始める人に対して

DTMはパソコンさえあれば誰でも無料で始めることができます。楽器の演奏は楽器そのものが必要ですし、演奏場所も必要です。家でやると近所迷惑になる場合が多いでしょう。一人でできる点は楽器もDTMも同じなのですが、楽器は一人で一つ以上やるのは難しいです。しかし、DTMならすべてパソコンで完結します。ボーカルもボーカロイドで作成することが無料でできます。そしてパソコンならではの良さかもしれませんが、パソコンでいろいろ調べて勉強しながら進めていくことは音楽を作りたいという欲求だけでなく、知的好奇心も満たされます。これは普通の楽器ではあまりないでしょう。確かにいろいろ考えたり研究したりはあるかもしれませんが、DTMの方が音楽全体をトータルでコントロールしている快感があります。

音楽への好奇心が満たされるDTM

音楽を作りたい、やってみたいという理由は人それぞれでしょうが、DTMはどちらかというと理論に基づいて作っていくタイプの音楽です。耳コピで音を合わせていっても良いのですが、基本的には楽譜もある程度読めるようになって、実際の音楽のそれぞれの楽器の音も研究していった方が面白いでしょう。最初はもちろん調べながらなんとなくやっていけばよいのですが、やっているうちにいろいろ知りたくなる可能性が高いです。年齢や今おかれている環境、音楽経験なしで始められる良い趣味になります。さすがにもう年だし今からギター始めるのもなんか違うという人はぜひDTMがおすすめです。ここから音楽を知っていくことで、実際の楽器のことも客観的には知ることになるので、少しやってみようということになるかもしれません。